冬に足が蒸れるのは当たり前!だから蒸れる前に対策を!!

冬に足は蒸れます。

 

夏より蒸れます。

 

なぜなら、厚着をするから。

 

 

実は、汗対策でも夏より冬にしっかりとすべきなんですよね。

 

ユニクロの大ヒット商品エアリズムも冬にも使うべきなんです。

 

ヒートテックとの使い分けが重要です。

 

身体は厚着をしますが、足はどうして蒸れるのでしょうか?

 

 

冬に足が蒸れるのは当たり前!蒸れる前の対策が大事!!

なぜ冬に足が蒸れるのか?

 

答えは簡単です。

 

ブーツを履いたり、靴下が分厚くなる

 

なかなか靴を脱がない

 

 

この2つです。

 

 

寒いとブーツを履いたり、モコモコ系の靴が多くなりませんか?

 

これらは、温かくするために熱が逃げにくい構造になっています。

 

 

しかし、これはかえって、靴の中の湿度を上げ、

 

蒸れやすくしていることとおんなじなんです。

 

これが悪いと言っているわけではありません。

 

暖かい方がいいですものね。

 

 

しかし、蒸れて臭いが発生するとなると考えモノです。

 

靴下が分厚くなったりするのも、原理は一緒です。

 

熱の放出を抑える分、蒸れやすくなります。

 

靴をなかなか脱がないのも寒いからですよね。

 

 

どうしたら蒸れなくなるのか?

 

では、どうしたら蒸れなくなるのでしょう?

 

答えは、無理です。

 

どうやっても蒸れます。

 

 

普通の靴でさえ、靴の中の湿度は100%になるんですから、

 

蒸れないようにすることはできません。

 

 

でも、蒸れることよりも、蒸れて臭いが発生することが問題です。

 

この臭いの原因は、

 

 

高温多湿な環境と、

 

足汗と常在菌と角質のコラボ

 

 

です。

 

高温多湿な環境は、しっかりと乾燥をさせることで

 

予防するしかありません。

 

ブーツの臭いの消し方

 ⇒ブーツは重曹で臭いが消える?

 

しかし、足汗+常在菌+角質はなんとかできそうです。

 

 

足の臭いを消すために

 

一番の原因は、常在菌が足汗と角質を材料に臭いを発生させることです。

 

 

常在菌が発生させるのは、イソ吉草酸という納豆と同様のクサイ臭いです。

 

このイソ吉草酸は酸性ですから、ブーツの対策でご紹介した

 

弱アルカリ性である重曹で消えます。

 

イソ吉草酸には重曹足湯が効果的

 ⇒臭いを消す重曹足湯の利用方法

 

 

しかし、この常在菌は、アンモニアも発生させることがあるんです。

 

アンモニアは、弱アルカリ性です。

 

重曹も弱アルカリ性ですから、効果はありません。

 

ですが、クエン酸などの酸性物質で消えます。

 

クエン酸をお湯に溶かして足を浸ける、

 

クエン酸足湯

 

ですね。

 

 

でも。

 

 

面倒くさくないですか?

 

 

足の臭いを取るのに、

 

重曹足湯に入って、

 

クエン酸足湯を作って入って、

 

しっかり洗い流して・・・。

 

 

面倒です。

 

 

こんな面倒なことをするくらいなら、

 

デオドラント剤を塗ってケアした方が

 

断然早いし確実な効果をもたらしてくれます。

 

 

デオドラント剤では、ティノンがおすすめです。

 

 

冬は、乾燥しがちです。

 

蒸れている足ですが、

 

靴をはいている時には蒸れますが、

 

靴を脱いでくつろいでいる時には、

 

空気と同様乾燥しがちです。

 

なので、保湿も重要なんですね。

 

 

この、殺菌と保湿を同時にしてくれるのが、

 

ティノン

 

です。

 

 

ティノンは、

 

制汗・防臭・殺菌・角質ケア

 

を同時にしてくれるすぐれものです。

 

特に、角質ケアのために入っている

 

スクワランという成分は、美容保湿成分といわれているくらい、

 

女性にとって必要なものです。

 

 

スクワランが配合されているデオドラント剤は他にはありません。

 

さらに、ティノンは、

 

〇60日間返金保証付

 

〇定期集中コースの初回限定980円+送料無料

 

です。

 

冬の間試してみるのもありですよね。

 

 

このティノンは効果に自信があるからか、生産限定のようで、

 

公式サイトからしか購入できません。

 

ティノンを使って、臭いを予防しながら冬を楽しみませんか?

 

冬に必要な保湿成分配合のティノン公式サイト

 ⇒60日間返金保証付のティノン公式サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ