パンプスに消臭スプレーは効果がない?もっといい方法があります

パンプスは、蒸れやすいと評判です。

 

 

一日中履かないといけないし、ぴっちりしているので蒸れやすいし、さらにストッキングをはいているし・・・。

 

 

OLのみなさん、大変悩んでおられるでしょう。

 

 

そんなあなたが手に取ってみるのが、

 

きっと消臭スプレーではないでしょうか?

 

今では、いろんな各社がいろんな商品を発売しています。

 

 

しかし、これら消臭スプレーって効果があるんでしょうか?

 

 

パンプスに消臭スプレーは効果あるのか?

消臭スプレーの威力

 

消臭スプレーは、その字のごとく、臭いを消し去るために作られました。

 

 

消臭スプレーは、気になるところにシュッとして使います。

 

パンプスは、臭いが発生しやすい靴です。

 

臭いで悩んでいる人も多いため、この消臭スプレーを使っている人は多いのではないでしょうか?

 

しかし、消臭スプレーには、デメリットがあります。

 

 

消臭スプレーのデメリット

 

〇消臭のやり方がマスキング式で持続力がない。

 

〇スプレーをした後が濡れる、もしくは粉が付く。

 

〇無香料と言いながらも無香料ではないことが多い。

 

などが挙げられます。

 

特に、マスキング式の消臭のやり方の場合は、今ある臭いを消臭剤が包み込んで隠してしまうやり方です。

 

これから発生してしまうであろう臭いに対しては有効ではありません。

 

 

また、スプレーも噴射の際に、水分系もしくは粉系のものに成分をくっつけてターゲットに到着させます。

 

そのため、水分だったり、粉だったりが入っているわけです。

 

 

これらは、モノによっては、シミの原因となったり、濡れることによってさらにジメジメと湿度が上がり、

 

臭いがより強くなったりすることがあります。

 

 

そして、最も重要かつ重大な問題は、無香料と言いながらも無香料ではないことが多いんです。

 

これは、本当に多い。

 

無香料と書いてあっても、実際に使ってみると、石鹸のような洗剤のような香りがほのかにするものが

 

ほとんどです。

 

 

このほのかな臭いがあるために実際に今発生している臭いと、この無香料ではない臭いとが合わさって、

 

すさまじい悪臭を放つことが、よくあります。

 

 

これは、本当によくあるし、無香料と書いてあるのに臭いがあるからだし、腹が立つことがあります。

 

無香料って書かなければいいのに ・・・と言いたくなります。

 

ですから、総合的に、消臭スプレーにあまり期待をしてはいけないんですね。

 

 

消臭スプレーに代わる消臭方法

 

では、何を使って消臭するのが最もよいのでしょうか?

 

複数のパンプスを使いまわす

 

悪臭は、パンプスが汗などで湿ったまま次の日にはくと、すぐに臭いを発生させます。

 

臭いの原因は、パンプスからの汗です。

 

 

この汗をしっかり乾燥させてやると、臭いもしっかりとれます。

 

パンプスは、気密性の高い作りになっているので、

 

完全に乾燥するには2日、できれば3日間はあけてもらいたい。

 

しっかりと陰干しをしましょう。

 

なので、パンプスを最低4足は準備して使いまわすと、臭いもしないし、乾燥もきちんとできるしおすすめです。

 

 

重曹を使う

 

下手な消臭スプレーより、重曹の方がとても役に立ちます。

 

重曹を少量持ち歩き、臭いがひどい時に、こっそりトイレなどで、

 

小さじ1杯程度の重曹をパンプスの中に放り込みます。

 

そして、しっかりパンプスをふって、重曹をなじませましょう。

 

 

なじませたら、重曹は外に出して、中に残っている重曹を取り除きます。

 

これだけで、臭いの大部分は消えます。

 

 

重曹には、吸湿作用もあり、臭いの中和で臭いを消す役割があるため期待できます。

 

 

本当であれば、

 

 

 

 

 

 

にしたいところですが、

 

スプレーの水で飛ばしてしまっては、湿度が上がるためお勧めしにくいです。

 

ぜひとも重曹を直接使ってみてください。

 

コチラも試したい足湯で臭い対策

 ↓  ↓  ↓

重曹足湯で足の臭いを完全除去

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ