パンプスを履き続けていると蒸れて水虫になる。回避する方法は?

パンプスを履いている女性ってかっこいいですよね?

 

仕事のできる女!って感じです。

 

しかし、そんなパンプスですが、非常に蒸れやすい履物です。

 

しかも、蒸れるだけでなく、水虫になる確率も高くなります。

 

 

パンプスを仕事上履き続けなければならない人にとっては死活問題です。

 

 

パンプスを履いても水虫にならない方法をご紹介します。

 

 

パンプスを履いていると蒸れて水虫になりやすい。回避する方法は?

パンプスは蒸れる?

 

パンプスは蒸れるのでしょうか?

 

蒸れます

 

しかも、

 

かなり蒸れます。

 

 

これは、パンプスが足にぴったりとくっつくタイプの靴だからです。

 

隙間がなく、足と靴とが密着し、

 

足から排出される熱や湿度が逃げないからです。

 

さらに、パンプス自体も合皮などでできており、気密性が高くなっています。

 

このため、パンプスの素材からしても蒸れやすくなっているのです

 

 

パンプスで蒸れない方法

 

まず、前提として、靴の中の湿度は、履いている時はほぼ常に100%です。

 

足の熱気や高温多湿な環境で、足の置かれている環境は結構過酷です。

 

ですから、足が蒸れないような湿度に持っていくことは困難です。

 

ほぼ無理です。

 

 

しかし、足が蒸れる原因となっている足汗の排出を抑えることによって、

 

足が蒸れることを抑制することができるかもしれません。

 

 

水虫になりやすい人

 

パンプスと水虫は結構関係があります。

 

水虫は白癬菌というカビの一緒ですが、

 

足の指と指の間の柔らかいところ中心に水虫は発生します。

 

 

水虫が、発生しやすい環境は、高温多湿です。

 

 

ですから、足は水虫にとっては非常に発生しやすい環境になっています。

 

パンプスは、特に、足の指と指が密着するような作りになっており

 

水虫にとっては、まさに好都合なのです。

 

水虫が足にできるのは、ある意味当然ですね。

 

それだけ、水虫にとってはいい環境なんだということです。

 

 

水虫を回避する方法

 

水虫を回避するためには、蒸れをなおさなければなりません。

 

となると、汗をいかに発生させずに足の裏の常在菌に栄養を与えないか

 

考えなければなりません。

 

 

最も効果的な方法は、足の汗を抑え、常在菌を殺菌してくれるデオドラントの使用です。

 

 

ティノンはいかがでしょうか?

 

ティノンは、

 

制汗・防臭・殺菌・角質ケア

 

を一度にしてくれるすぐれものです。

 

特に、殺菌には、イソプロピルメチルフェノールが使用されており、

 

殺菌成分としては完璧です。

 

このティノンを毎日ストッキング・パンプスをはく前に、足にしっかりと塗りこんで出発です。

 

ティノンの優れているところは、美容保湿成分スクワランが配合されていることです。

 

このスクワランで、角質ケアを行い、常在菌のエサをどんどん減らしていきます。

 

これを毎日しっかり続けていくことで、臭いは減り、足の美容度はどんどん上がっていきます。

 

ティノンは、公式サイトからしか購入できません。

 

さらに、

 

〇60日間返金保証付

 

〇定期集中コースの初回限定で980円+送料無料

 

となっています。

 

 

特に、60日間返金保証はありがたいですよね。

 

まずは試してみることができますね。

 

パンプスが臭くて水虫にならないようティノンをつかって制汗・臭いを抑えましょう。

 

水虫予防に抜群なティノン公式サイト

 ⇒ティノンが手に入るのは公式サイトだけ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ