靴の中の湿度は100% 蒸れた足の臭いを抑える方法

中華まんがおいしい季節は秋から冬ですよね。

 

中華まんはふかして蒸れた状態でなければおいしくありませんが、

 

足の蒸れた状態は、非常に遠慮したい臭いを発しています。

 

足が蒸れるのは、靴下+靴というダブルコート状態で包まれているからです。

 

 

では、素足で石田純一さんばりに革靴を履けば蒸れないかというとそうではありません。

 

結果、蒸れます。(当たり前か)

 

やったことがないので、断定はできませんが、

 

素足に革靴の方が、臭いは強烈そうです・・・。

 

蒸れた足の臭いをなんとかしたいあなたへいくつか方法をご紹介します。

 

 

蒸れた足の臭いを抑える方法

蒸れる原因

 

足の置かれている環境は過酷です。

 

足の上に靴下があり、更にその上に靴がある三層構造になっています。

 

 

そして、特に足の裏には、背中の10倍ともいわれる汗腺があり、

 

非常に汗をかきやすい環境が整っています。

 

足から汗がでることは仕方のないことと言えるでしょう。

 

 

さらに、靴の中は、空気がなかなか逃げにくい環境であり、

 

足も当然のことながら体温があるため、熱の放出があるわけです。

 

つまり、足の周りの環境は、

 

足からの汗でジトジト

 

足からの熱でホカホカ

 

非常に夏直前の梅雨の夕方のような状態になっているわけです。

 

 

この状況を変えるには、サンダルをはくくらいしか大きい変化はあたえられません。

 

しかし、仕事で、普段革靴を履いている人が、いきなりサンダルで行ったりした日には、

 

上司からもれなくお呼び出しがあることでしょう。

 

現状でできる対策はないのでしょうか?

 

 

 

靴で何とか対策をする方法があります。

 

一つは、靴のローテーションです。

 

 

靴の中が完全に乾燥するには1日以上必要です。

 

毎日履いていたら乾燥する暇がありません。

 

 

2足、できれば3足をローテーションさせて、

 

靴を休めて乾燥させる日を作りましょう。

 

日陰の風通しの良いところに丸1日以上おいておくとしっかり乾燥します。

 

 

もう一つは、靴自体を変えるです。

 

合成革靴は、気密性が高く、中の空気を外に逃がすことがほとんどできません。

 

しかし、本革靴であれば、自然の素材ですから、

 

靴の中の空気を外に逃がす自然の孔があるわけです。

 

お値段は少々張りますが、足を蒸れさせないためには、

 

本革靴をお勧めいたします。

 

難点は、値段と、お手入れをしっかりしないといけないので、

 

面倒くさいことですね。

 

 

靴下

 

靴下にもこだわっておきたいですね。

 

汗を吸うという観点だけでいけば、綿100%の靴下が最適です。

 

しかし、問題は、綿100%の靴下は、汗は吸収するけれど、放出しないことです。

 

吸ったら吸いっぱなし。

 

しかも、汗の分重くなる・・・。

 

 

なんでも100%の方がよさそうですが、

 

靴下に関しては、

 

綿とシルクやウールとの混紡製品

 

が絶対おすすめです。

 

綿以外の素材が、吸い込んだ汗を放出させます。

 

 

そうすることで、蒸れを少しでも抑えることができます。

 

靴もそうですが、靴下は足に直接触れるものです。

 

靴下にはこだわっていきましょう。

 

そして、靴下の穴には気を付けましょう。

 

 

この靴と靴下にこだわるだけで、蒸れた足の臭いは抑えることができます

 

とくに、靴下は、場合によっては、スペアを用意しておくといいですね。

 

私は、こっそり鞄の中にスペア靴下を準備しています。

Related Post

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ