臭い靴を洗うには重曹が足にも優しくておすすめです

普段のスニーカーなど臭くありませんか?

 

自分の靴は臭くなくても、子どもさんの靴は超臭い!

 

なんてこともあるかもしれませんね。

 

 

革靴では使えない、普段靴の臭いをとるには、

 

重曹

 

が効果抜群です。

 

今回は、そんな重曹を使った靴の洗い方についてご紹介します。

 

 

重曹で靴を洗うとピカピカで臭わない

重曹を使う前にすること

 

汚れた靴にいきなり重曹をふりかけてもあまり効果はありません。

 

 

靴を濡らしましょう。

 

そして、まずは、ぬるま湯で汚れをブラシなどでこすって落とします。

 

 

ぬるま湯は汚れを浮かび上がらせるのに一役買っていますので、できればぬるま湯でしてください。

 

次に重曹の出番です。

 

 

重曹を使おう ふりかけ編

 

汚れをある程度落とした靴に、重曹を適量ふりかけましょう。

 

 

そして、先ほどと同じように、ブラシで重曹を靴全体にいきわたるようにこすっていきます。

 

ゴシゴシ。

 

ゴシゴシ。

 

少し泡立つくらいがベストです。

 

汚れが落ちたなぁと思ったら、水でしっかりと流していきましょう。

 

 

これで、まずまずきれいになっているはずです。

 

ここでもうひと手間していきます。

 

 

重曹を使おう 浸けこみ編

 

次に、バケツなどに40℃くらいのお湯を入れます。

 

そこに、重曹を大さじ5杯程度入れてください。

 

よく混ぜて溶かします。

 

 

これで、重曹溶液の完成です。

 

 

ここに、先ほど洗った靴を投入しましょう。

 

30分程度は浸けこみたいですね。

 

ぬるま湯ですることによって、先ほどと同様に汚れが浮きやすくなります。

 

 

30分ほど浸けこんだら、洗った時には落ちなかった汚れが

 

靴の表面まで浮かんできていますから、ブラシでしっかりと洗います。

 

 

仕上げはクエン酸

 

重曹は体に非常に優しい洗剤です。しかし、この重曹は炭酸水素ナトリウムですから、

 

殺菌作用がありません。

 

そこで登場するのがクエン酸です。

 

クエン酸は酸性で、酸っぱいですよね。

 

酸っぱいものには殺菌作用があるわけですから、このクエン酸で殺菌します。

 

 

クエン酸をぬるま湯に溶かします。

 

クエン酸は少量でも効果はありますので、洗面器に大さじ1程度で十分です。

 

このクエン酸溶液に入れて、軽くもみもみして、しみこませて完成です。

 

 

クエン酸に漬け込む必要はありません。

 

 

靴を干す

 

靴を干すことも重要ですね。

 

この靴が生乾き状態だと、臭いは、足の臭い+生乾きの嫌な臭いとが合わさって

 

とんでもない悪臭

 

になる可能性があります。

 

 

しっかりと乾燥させましょう。

 

 

基本は、日陰の風通しの良いところに陰干しが一番です。

 

しかし、梅雨時期などなかなか乾かない時には、

 

古典的ですが、

 

 

新聞紙を丸めて突っ込む

 

ドライヤーで乾かす

 

 

などの方法を活用してみてください。

 

 

これ、意外に効きます。

 

 

特に、新聞紙は、何回か入れ替えていたら、驚くほど乾きます。

 

 

しっかりと乾かしてから、履くと、気分もさっぱり、靴もさっぱりですよ。

 

 

 

他にも酵素系漂白剤を使って汚れを落とす方法もありますが、

 

なるべく体に優しいものをと考え、重曹を使った方法を紹介しました。

 

 

大人も子どもも靴は汚れるものです。

 

汚れとともに臭いが付くのも仕方ありません。

 

 

しっかりとケアをしていくことが大切ですね。

 

 

参考にしてみてください。

 

重曹の底力!重曹足湯はコチラ

↓   ↓   ↓

重曹足湯で臭いをもとからシャットダウン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ