足の臭いのもとの角質ができる原因はこれだ

足が臭うと気分までブルーになりますよね。

 

足の臭いの原因は、角質と汗と常在菌です。

 

常在菌を除去することは現実的には難しいため、

 

角質か汗かで臭いを抑える必要がありますね。

 

今回は、角質ができる原因と対策についてご紹介します。

 

 

角質について詳しく知りたい方はコチラ

↓   ↓   ↓

角質のすべてを知ろう

 

 

足の臭いの原因の角質はこれで対策しましょう

角質とは?

 

角質は、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)の結果でできあがるものです。

 

古い皮膚は普通ならば剥がれ落ちて垢となり、身体から離れていきます。

 

 

しかし、足の裏は、常に地面に接しているうえ、

 

さらに、体重という上からの圧力が常にかかってくる場所です。

 

 

そのため、剥がれ落ちるべき古い皮膚が堆積し、角質となります。

 

 

また、この足の裏の角質は、固くしまってきます。

 

 

体重っておそろしいですね。

 

 

角質のケア

 

角質のできる原因は、古い皮膚がたまっていくことです。

 

つまり、これを物理的に除去することが最も簡単な角質ケアです。

 

 

かかとを軽石なんかを使ってゴリゴリやるイメージがありませんか?

 

実際、軽石も悪くはないのですが、やりすぎると皮膚を傷つけ、

 

逆効果なことがよくあります。

 

 

角質ケアで最も大切なことは、

 

皮膚を柔らかくしてからケアを行うこと

 

です。

 

 

しっかりと、お湯などに足をつけて足をふやかしておきましょう。

 

しっかりとふやかしていれば、手でこするだけでも角質が剥がれ落ちます。

 

 

しかし、これは非効率的です。

 

 

ご紹介したいのは、薬用石鹸をしっかり泡立てて、泡で足を包んでしまいましょう

 

その泡で、足をしっかりとこすっていきます。

 

そうすると面白いように角質がとれますよ。

 

 

ポイントは、しっかり皮膚をふやかすことと、泡で洗うことです。

 

ソープ類はすべてそうですが、ソープ本体ではなく、泡に洗浄機能があります。

 

洗顔料でもそうじゃないですか?しっかり泡立ててから洗顔しますよね。

 

 

お風呂なんかでは面倒くさいから、泡ではなくそのままこすりつけてやりがちです。

 

それでは効果は半減してしまいます。しっかり泡立ててから使用しましょう。

 

 

保湿

 

しっかりと洗った後に大切なことは、保湿です。

 

乾燥したままだと、肌に刺激が強すぎて、肌荒れをします。

 

肌荒れをすると、余分な皮脂が分泌され常在菌が活発に活動し、

 

さらに臭いが発生してしまいます。

 

 

保湿クリームをしっかり塗りましょう

 

 

適度な保湿は、皮膚が固くなることを防いでくれます。

 

皮膚が軟らかい状態であれば、新陳代謝も活発になり、

 

古い皮膚が角質になりにくくなります。

 

 

間違っても保湿剤は塗りすぎないようにしてください。

 

保湿剤の塗りすぎはかえって常在菌のエサになってしまい、

 

臭いが発生する元となります。

 

 

何事にも適正ということが大切なんですね。

 

 

この、

 

ふやかす → 泡でこする → 保湿する

 

これをするだけで、かなり臭いは変わります。

 

気分も軽やかになり、自分に自信が持てますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ