雑巾のような足の臭いの原因は保湿が足りないからかも?

足の臭いって人によってかなり異なりますよね?

 

納豆くさい人や、酸っぱい臭いの人、ひどい人なんか生ごみの臭いなんて言います。

 

 

そんなひどい表現の中に、雑巾臭いというのがあります。

 

雑巾臭いって結構ひどいですよね。

 

なんか想像してしまいませんか?

 

学校の牛乳のしみ込んだ雑巾の臭いを思い出しません?

 

誰しもが1度は嗅いだことのあるあの強烈な臭いです。

 

 

この、雑巾臭い足ですが、冬になると、

 

ブーツを履いた女性なんか特に発生しやすいです。

 

やはり、ブーツは蒸れやすいからですね。

 

ただ、この雑巾臭い足に一つケアを加えることで臭いを抑えることができます。

 

調べてみました。

 

 

雑巾臭い足を保湿すると臭いが抑えられる?

雑巾臭い足とは?

 

雑巾臭い足は、足の常在菌と足汗と角質によって完成します。

 

特に、蒸れがひどくなればなるほど、臭いの濃度も濃くなるので、

 

余計にブーツなどを脱いだ瞬間にもわーんと漂ってくるわけです。

 

 

この原因は、足とブーツです。

 

ブーツのケアをしっかりしておくことで、臭いの悪循環を減らすことができます。

 

知っておきたいブーツのケアはコチラ

 ⇒ブーツの臭い消臭対策

 

 

足のケア

 

ブーツだけを消臭しても、足が臭いままだとまた、臭いがついてしまいます。

 

足の臭い対策はいろいろありますが、制汗剤などの使用が一般的です。

 

しかし、制汗剤は、汗を完璧に抑えれば抑えるほど、足の状態はサラサラになります。

 

このサラサラはいい表現ではありますが、実態的には、

 

カサカサ

 

になります。

 

つまり、乾燥してしまうんですね。

 

 

足が乾燥するということは、それを回避するために、皮脂の分泌がすすみます。

 

また、当然、汗腺は潤いを与えるために汗を分泌させます。

 

そうすると、若干の汗と常在菌と角質で、臭いが発生することになってしまいます。

 

制汗剤の種類などによっては、逆効果になって臭いが発生してしまうんですね。

 

 

どうすればいい?

 

ではどうすればいいんでしょうか?

 

制汗剤を変えることも方法ですが、保湿をしっかりしていきましょう。

 

冬は暖房などによって余計に乾燥してしまいます。

 

肌でさえ乾燥するんです。足も乾燥しないわけがありません。

 

制汗剤などを使用してさらに保湿剤を塗ってみましょう。

 

そうすることによって、臭いの発生が抑えられます。

 

 

面倒くさいあなたに

 

でも、制汗剤を使って、それからまた保湿剤を使ってケアをするのって

 

 

面倒くさくないですか?

 

 

私は面倒くさいです。

 

特に、朝の忙しい時間に早く終わらせたいと思っていたら、

 

2つのことをするのは、

 

 

すっごい手間

 

 

です。

 

 

これが、一つになったものがないかなーっと探していたら、ありました。

 

ティノンです。

これは、制汗・消臭をしながら、なおかつ保湿をしてくれる優れものです。

 

消臭成分も、イソプロピルメチルフェノールを使っており、

 

殺菌効果による消臭はバッチリです。

 

また、天然素材も多く使っており、低刺激で小さい子どもさんにも使用できる安心なものです。

 

このティノンは、保湿成分に、スクワランを使っています。

 

このスクワランは保湿剤としては、美容成分としても使われているものです。

 

 

このティノンを使えば、

 

制汗+消臭+保湿=1度でOK

 

 

このティノンの効き目は、

 

モニターで98.7%が効果を実感しており、

 

顧客満足度は92.5%とかなりの高い結果となっています。

 

 

しかも、

 

〇60日間の返金保証付(集中ケアコース)

 

〇集中ケアコースで、初回は980円。しかも送料無料!

 

となっています。

 

 

悩んでいる人はぜひ試してみてはいかがですか?

 

返金保証がついているということは、商品への自信の表れですね。

 

 

足の臭いに保湿は必要だけれど、わざわざ保湿剤を後から使うのは面倒なあなたへ、

 

一度で 制汗+消臭+保湿 が済むのはティノンだけです。

 

また、このティノンは、Amazonや楽天では手に入りません。

 

公式サイトからのみの販売です。

 

雑巾臭い足を美容成分で保湿し、劇的に足を変えるティノンの公式サイトはコチラ

 ⇒ティノン

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ