合皮のブーツは臭ってきたときの洗い方

女性の足を長く見せるブーツですが、

 

その長さゆえに蒸れ蒸れになって、

 

臭いやすくなっているのが問題ですよね。

 

 

女性が臭うブーツを履いているなんて男は思ってもいませんが、

 

座敷などで臭う足に遭遇してしまう

 

悲しい現実があります。

 

 

ここでは、合皮のブーツは洗うことができるので洗い方をご紹介します。

 

 

合皮のブーツは臭ってきたら洗ってしまおう

普段のケア

まず初めに、洗ってしまう前に、普段のケアを見直しましょう。

 

 

ブーツは非常に湿度が高くなりやすく、

 

湿気が逃げにくいです。

 

 

ですから、普段から、乾燥させるようにしなければなりません。

 

 

基本的に、ブーツを1度履いたら、3日は間をあけましょう

 

1日履いているブーツはかなりの湿気を含んでいます。

 

帰ってきたら、乾燥剤や重曹で湿気と臭いをとります。

 

臭い対策にも超有効な重曹の使い方

 ⇒重曹を使ってブーツを臭わせない

 

 

そして、その後は天日干しです。

 

といっても、陰干しをしましょう。

 

できるだけブーツの中に風が入るようにしましょう。

 

外側の汚れは拭き取っておけば安心です。

 

 

ブーツを洗う

 

実際にブーツを洗う方法です。

 

使う洗剤は、

 

 

中性洗剤

 

 

です。

 

この中性洗剤を少し薄めて使います。

 

 

1.ぬるま湯に中性洗剤を入れる

 

2.外側は、柔らかいスポンジで軽くこするように洗う

 

3.内側は、靴用のブラシやたわしなどでガンガン洗いましょう

 

4.よくすすぎます

 このとき、洗剤が残らないようにしっかりとすすぎましょう

 

 ぬるま湯や普通の水でしっかりと何回も洗うことがシミなどを作らないポイントです。

 

5.洗濯機で2分程度脱水する

 

6.干す。陰干しで、普段の手入れと同様に風が通るようにしましょう

 

 

普段のスニーカーなどと大して変わらないでしょ?

 

ポイントは、外側は優しく内側はしっかりと洗うことです。

 

臭いは内側につきます。

 

 

あまり頻回に洗いすぎるのは靴を傷めることになりますが、臭ってしまったら、

 

それどころではありません。

 

しっかりと洗って、しっかりと干していきましょう。

 

 

足のケアもしっかりと

 

ふだんからの足のケアも重要です。

 

ブーツが臭うのは、足にいる常在菌が作り出す臭いだからです。

 

この臭いがなくなれば、ブーツが臭うことも格段になくなります。

 

 

しかし、一般市販の消臭スプレーは、効果が薄く、

 

マスキング式の消臭スプレーだとかえって臭くなります。

 

一般的な消臭剤とヌーラと比べてみた

 ⇒消臭剤の効果は成分が大事

 

 

ヌーラのようなイオン分解式の消臭スプレーを使うか、

 

もともとの足の臭いを発生させないようにするかです。

 

この足の臭いを発生させないうえで、効果的なのが

 

ティノンです。

 

 

ティノンは、

 

制汗・防臭・殺菌・角質ケアを一度にしてくれるすぐれものです。

 

特に角質ケアのためにスクワランという美容保湿成分が入っているのが特徴です。

 

 

これにより、角質がやわらかくなり、足の常在菌のエサである角質を

 

減らすことができます。

 

当然防臭効果もピカイチです。

 

60日間の返金保証もついているので、気軽に試してみることができますね。

 

なお、ティノンは、Amazonや楽天では手に入りません。

 

公式サイトからだけです。

 

 

60日間返金保証のあるティノン公式サイト

 ⇒ここでしか手に入らないティノン公式サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ