足が臭いだけでなく、濡れるほどびしょびしょになるんです。

足のトラブルって人になかなか言えないですよね。

 

特に足が臭いのだけでも言えませんが、

 

さらに、濡れるほどびしょびしょになってしまうなんて

 

気付かれたくないし、相談してもいい答えが返って来ない。

 

むしろ自分の恥をさらしただけのような・・・。

 

なかなか相談できません。

 

 

そんなあなたに、足の臭いとびしょびしょに濡れる状況をなんとかする方法を、

 

ご紹介いたします。

 

 

びしょびしょに濡れる足の臭いと発汗をなんとかしたい

なぜびしょびしょになるの?

 

なんで、足が靴下が絞れるくらいびしょびしょになってしまうのでしょうか?

 

 

足の裏には、背中の10倍ともいわれる汗腺があります。

 

この汗腺はエクリン腺と呼ばれるもので、排出されるものは基本的に水です。

 

また、人間一日でコップ1杯の足汗をかくといわれています。

 

つまり、足は、汗をかきやすい部位だということです。

 

 

ですから、きっかけがあれば、容易に汗が噴出し、

 

それが、靴下に吸収されてびしょびしょになるというわけです。

 

 

では、なぜ汗が噴出するのでしょか?

 

一番多い原因は、緊張です。

 

人間、緊張をすると汗をかきませんか?

 

 

特にわかりやすいのは、手のひらと脇です。

 

手のひらはわかりやすく、タオルなどで拭いてしまえば問題ありません。

 

 

脇汗は、汗染みとして目立ってしまうことがあります。

 

これは、外からもわかりやすいのでよいのですが、

 

足汗は、靴に包まれてさっぱりわかりません。

 

 

でも実際は、たくさん汗をかいていることが多くあります。

 

緊張をすると、交感神経が刺激されて、交感神経から脳に汗を出すよう指令がでます。

 

その結果、大量の足汗が排出されるようになります。

 

ですから、びしょびしょになるんですね。

 

どうしたよいのでしょうか?

 

 

びしょびしょ汗をなんとかする方法

 

最も大切なことは、びしょびしょに濡れてしまうことをどうにかしなけれなりません。

 

交感神経を刺激しなければいいのですから、穏やかに過ごしましょう。

 

また、靴下が濡れてしまって、スペアがもしあるのであれば、

 

履き替えてしまうことが確実に解決できます。

 

靴自体も問題です。

 

しっかりと乾かして乾燥をさせた靴を2から3足持って行った方がいいとのことでした。

 

濡れるほどの足汗の量ですから、2~3日は乾かしておきたいものです。

 

陰干しをしていきましょう。

 

 

そして、びしょびしょ汗がでる原因の一つが、メンタルな問題です。

 

緊張をすると、交感神経が刺激されてしまいますので、

 

気分を落ち着かせることが大切ですね。

 

気分を落ち着かせる方法は深呼吸が一番です。

 

ゆっくりゆっくりと息を吸って、ゆっくり出していきます。

 

これらを2回やると、身体も無駄な緊張がとけて

 

リラックス状態になります。

 

リラックスをして取り組めば、びしょびしょでどうしようもないという状態が続くことはありませんよ。

 

足汗がひどすぎて対策をしたい人はコチラ

 ↓   ↓   ↓

ひどすぎる足汗に効果のある方法

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ