冬は要注意!足が蒸れる原因は靴だけではありません!

冬になると、厚着をして、足元もモコモコが増えて足が蒸れるように感じませんか?

 

もちろん、厚着やモコモコで蒸れるところは大きいです。

 

 

しかし、実は、足元モコモコ以外にも足が蒸れる原因があったんです。

 

 

そして、冬はクリスマス会・忘年会・新年会と何かと宴会シーズンです。

 

靴を脱ぐ機会も増えてきます。

 

そうなる前に足の蒸れについて知っておき、対策をしていきましょう。

 

 

冬の足が蒸れる原因は厚着だけではない

どうして冬は足が蒸れやすいの?

 

なぜ、冬は足が蒸れやすいのでしょうか?

 

 

夏は、靴下にしても靴にしても通気性が高いものをはきます。

 

また、場合によっては、サンダルなど足自体が開放されていることが多くないですか?

 

 

しかし、冬になると、寒いので、防寒を全身バッチリすることが多いです。

 

そんな状況で暖かい屋内に行くと、温度差や厚着の結果、汗をかいてしまうことがあります。

 

 

これは、全身に共通していることですので、足も例外ではありません。

 

足に汗をかくと、常在菌が汗と角質とを原料として、臭いを発生させてしまいます。

 

 

冬は足元も、厚手の靴下やタイツを使用していることもあり、

 

夏より、保温・保湿の対策がとられている物も多いです。

 

 

そんなこともあり、夏より余計に蒸れやすい環境が整っています。

 

靴自体は、密閉性が高いので、保温・保湿状態で足がいると、しっかりと蒸してくれます。

 

まさに、臭いの悪循環ですね。

 

 

冬の注意すべき蒸れの原因

 

ずばり、

 

冷え

 

です。

 

 

女性のみなさん、冷え性ではありませんか?

 

冷え性がどうして蒸れの原因になってしまうのでしょうか?

 

 

足が冷たいと、身体は、温度の低下を察知します。

 

そして、自然と体温を上げようとします。

 

それを感知した体は急激な温度変化を察知し、

 

びっくりして、今度は上がりすぎると勘違いをして体を冷やそうとします。

 

 

そう。

 

この身体を冷やそうとする時に、発汗によって体温を下げるのです。

 

だから、足に汗をかくんです。

 

 

これは、まさに、どっちもどっちで、温度を上げよう下げようということを繰り返します。

 

そのため、汗をかく環境はできあがっていることになります。

 

 

その結果、体は冷えているのに、足には汗をかいているという摩訶不思議な状況が完成するのです。

 

 

汗をかけば、厚着をしているときと一緒です。

 

汗と角質とを原料に常在菌が臭いを発生させるのです。

 

 

冬の汗はどうすればいいの?

 

では、これらの対策はないのでしょうか?

 

ひとつは、ベビーパウダーの使用です。

 

 

そう。

 

出てくる汗をベビーパウダーで吸着してしまおうというわけです。

 

ベビーパウダーを気になるところにまぶしておくだけでOKです。

 

ベビーパウダーの詳しい使い方についてはコチラ

 ↓   ↓   ↓

臭いと蒸れ対策に有効なベビーパウダー

 

 

もう一つは、制汗剤の使用が必要になってきます。

 

 

足の汗については、防寒対策と冷え対策とは相反する内容です。

 

そのため、暖かくして、足汗をかかないようにするためには、

 

足汗を抑えることが最も重要になってきます。

 

足に制汗剤を使って足汗がでなければ、臭いは発生しませんので非常に効果的です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ