足汗と靴の臭いを一度に解決する方法

靴の臭いの原因は、足汗です。

 

足汗が、足から出て、足汗と角質をエサに雑菌が繁殖し、臭いを発生させます。

 

 

足汗は1日でコップ1杯分出ると言われていますので、

 

まずは、この足汗をなんとかしなくてはなりません。

 

 

また、同時にこの足の臭いが靴にも染み込んでいますので、

 

こちらも対策が必要です。

 

足汗と靴の臭いを同時になんとかする方法はないものか調べてみました。

 

 

足汗と靴の臭いを同時になんとかする方法

足汗

 

足汗は、でるものです。

 

と言ってしまったらおしまいですよね。

 

足汗は出るのですが、出なくても身体全体の体温調節の関係からも問題ないそうです。

 

 

ちなみに、体温調節の観点からも汗を抑えても問題ない部位は、

 

 

 

この2カ所だけだそうです。

 

 

ですので、足汗が全くゼロになっても体には何ら悪い影響はないということになります。

 

足汗をゼロにするためにはどうしたらよいでしょうか?

 

 

一番は、制汗剤を使うことです。

 

制汗剤といっても、ドラッグストアなどで売られているものではなく、

 

できれば専用商品が望ましいですね。

 

 

足の汗は前述したように、コップ1杯でます。かなり量としては多い量です。

 

ですから、しっかりと足汗を抑えることが重要です。

 

 

ドラッグストアなどの制汗剤は、臭いの素を抑えるのではなく、

 

中には、香りでごまかすタイプのものも多く存在しています。

 

これでは、足の臭いと制汗剤の臭いが混ざって、すさまじい悪臭を発生させるだけです。

 

足汗を抑える制汗剤は専用のものをつかいましょう。

 

 

靴の臭い

 

靴の臭いを取るために、最も必要なことは、乾燥です。

 

 

靴の形状を見てもお分かりの通り、空気の出入りは足を入れるところ1カ所しかありません。

 

通気性はかなり靴というものは悪い作りになっているのです。

 

 

ですから、ちょっとやそっとでは乾燥しません。

 

丸1日は必要で、できれば3日くらいはしっかりと干して乾燥させましょう。

 

もちろん、靴によっても通気性は異なります。

 

 

革靴でも、本革と合皮では全く異なります。

 

本革は自然素材なので、自然にできた素材の穴というものがあり、通気性があります。

 

合皮は人工素材なので、ぴちっと気密性が高くなっています。

 

いわば、長靴と同じような状態になっているのです。

 

 

 

長靴を短くしたら、合皮の革靴・・・。

 

 

 

革靴もいいものを選びたいですね。

 

 

 

さて、靴をしっかり乾燥をさせたら、臭いを取ります。

 

おすすめは、十円玉を入れる方法です。

 

銅イオンが臭気を分解してくれます。

 

ピカピカの十円玉を用意して、靴の中にほうりこんでおきましょう。

 

 

当然のことですが、十円玉の数が多ければ多いほど、効果は大きくなります。

 

 

詳しい十円玉を使った靴の臭い取りの方法はコチラ

 ↓   ↓   ↓

あなたは何十円で臭いがとれる?

 

 

 

足汗と靴の臭いを同時に取る方法をご紹介しました。

 

特に、足汗は自然になんとかしたいと思っても難しいことがほとんどです。

 

ぜひとも正しい制汗剤を使って対策をしていきましょう。

 

 

靴も乾燥をきちんとする方が長持ちをします。

 

足の為と靴のためにしっかりと対策をしていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ