足の臭いには固形石鹸で洗うのがおすすめです

足の臭いに困っていませんか?

 

ボディーソープでゴシゴシしてもなかなかすっきり取れません。

 

そんなあなたにおすすめしたのが、固形石鹸です。

 

今さら~なんと思うかもしれませんが、

 

我が家はずーっと固形石鹸です。

 

 

固形石鹸はいいですよ。

 

泡立てたりするのが面倒な時もありますが、洗い終わりがぬるぬるしない。

 

ボディーソープってぬるぬるが残ったような感じになったり、洗ったあと突っ張る感じがしませんか?

 

 

足の臭いには、固形石鹸、しかも薬用石鹸がとっても効果的です。

 

足の臭いには、固形石鹸で洗うときれいに取れる

固形石鹸

 

一口に固形石鹸と言っても何をつかったらいいかわかりませんよね。

 

基本的に、足の臭いを取る時には、薬用石鹸を使います。

 

 

普通の固形石鹸と薬用石鹸の違いは、

 

殺菌成分が入っているもの薬用石鹸で医薬部外品

 

普通の石鹸は殺菌成分が入っておらず、化粧品

 

となります。

 

 

殺菌成分が入っていることが重要なんです。

 

足の臭いは、足の汗・角質・常在菌の関係で生み出されます。

 

常在菌が汗や角質をエサとして繁殖し、その結果、排泄物として臭いが発生するのです。

 

 

この薬用石鹸は、常在菌を除去し臭いの素を作らせないことを目的とします。

 

ですから、普通の石鹸でもダメということはありませんが、薬用石鹸の方が効果が高いんですよね。

 

 

ボディーソープは固形石鹸より、洗浄力が落ちます。これは成分の違いで液体にする関係上、

 

石鹸成分が固形のものより少なくなるためです。

 

しっかり洗うのであれば、固形石鹸、更に言うと、臭い対策には、薬用石鹸がよいでしょう。

 

 

どんな薬用石鹸をつかうといいか?

 

では、どんな薬用石鹸を使ったら、足の臭いが消えるのでしょうか?

 

ここで、注意をしていただきたいのが、

 

アメリカで、発売禁止になった成分があります。

 

「トリクロサン」「トリクロカルバン」です。

 

この2つの成分は、薬用石鹸によく含まれている成分でした。

 

しかし、

 

〇通常の石鹸より殺菌効果が高い根拠がない。

 

〇人間への抵抗力を弱める。

 

〇ホルモン作用に悪影響。

 

ということで、アメリカでは発売中止になっています。

 

日本では、まだ中止になっていない関係もあり、この「トリクロサン」「トリクロカルバン」が

 

入っている薬用石鹸も多く見られます。

 

 

ですから、臭い対策に薬用石鹸を使う場合でも、この「トリクロサン」「トリクロカルバン」が

 

含まれていない商品を選ばなくてはなりません。

 

どんな商品がよいのでしょうか?

 

 

柿渋石鹸

 

私は、柿渋石鹸を使っています。

 

注意していただきたいのが、柿渋石鹸の中にも、「トリクロサン」「トリクロカルバン」を

 

使用した柿渋石鹸も多く存在をしています。

 

必ずこの成分が含まれていないかどうか確認をしてください。

 

ご紹介するのはこちら。

 

発売元:リアルメイト

 

この柿渋石鹸が優れているのは、

 

臭い対策美容にも効果が高い

 

ということです。

 

成分を見てみましょう。

「トリクロサン」「トリクロカルバン」はもちろん含まれておりません。

 

一番最初に書いてある

 

イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用が高いものとして、制汗剤にも使用されています。

 

これが、薬用部分ですね。

 

これ以外に、消臭成分として、

 

〇柿タンニン(柿渋)

 

〇茶エキス

 

〇トレハロース

 

が配合されています。

 

ここまでなら、よくある柿渋石鹸で「トリクロサン」が入っていないだけです。

 

 

しかし、この柿渋石鹸の優秀なところは、

 

美容成分配合

 

というところにあります。

 

 

しかも、

 

〇白金ナノコロイド

 

〇アロエベラ

 

〇ホホバオイル

 

〇加水分解ミルク

 

をはじめとする21種類の美容成分が配合されています。

 

 

つまり、臭いを取るのと同時に、美容成分を肌から吸収させることに成功するわけです。

 

これは見逃せませんよね?

 

また、この柿渋石鹸の足の臭いの素である

 

イソ吉草酸 消臭率 97.6%

 

とほぼ確実に消臭をしてくれます。

 

この柿渋石鹸泡立ちも抜群です。

 

こんなふうに手に取って、少し泡立てるようにしてみました。

 

すると

すぐに泡立ちました。

 

泡立てネットを使わなくても全然いけます。

 

この柿渋石鹸をしっかりと泡立てて、足を洗ってみましたが、

 

洗い心地がさっぱりしています。

 

でもつっぱらない絶妙な感じです。

 

肝心の足の臭いは取れたのか?ということですが、

 

洗ったあとでしっかり足を拭いて、勇気を出して中指と薬指の間を臭ってみました。

 

 

 

 

無臭!!

 

 

ほのかな香りすらありません。

 

まぁ、洗い立てだからかもしれないと考え、

 

更に勇気を出して、翌朝臭ってみました。

 

 

 

無臭!!

 

 

びっくりです。

 

靴や靴下を履いていないということもあるかもしれませんが、翌朝まで無臭でした。

 

美容については、1日くらいではわかりませんでした。

 

 

以後、柿渋石鹸を使っていますが、私は、足専用として使っています。

 

 

身体は「トリクロサン」「トリクロカルバン」の含まれていない固形石鹸を使用しています。

 

足専用で使っていますが、心なしかピカピカ足だけ若返ったような感じもあります。

 

少なくとも、肌の張りが見られるようになりました。(浮腫ではありません)

 

こんな使い方もありです。

 

おかげで長持ちします。

 

 

でも、もう手放せません。

 

 

他にも柿渋石鹸はありますが、消臭効果に加えて美容効果もあるこの柿渋石鹸が、

 

一番コストパフォーマンスが高かったです。

 

しかも、

 

30日間返金保証システム

 

があり、安心してまず試してみることができます。

 

今なら、

 

送料無料

 

なのもうれしいですね。

 

1個で約1ヶ月持つようになっていますが、足専用で使うと3倍長持ちしますよ。

 

肌に本当の意味で優しい柿渋石鹸はコチラ

↓   ↓   ↓
21種類もの美容成分を配合した【柿渋石鹸】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ