安全靴の最適な洗い方は?臭いがなくなる方法はあるの?

安全靴、それは、足を外部からの攻撃から守ってくれるものです。

 

しっかりと守るために、足先に銅板や、硬質プラスチックが使われています。

 

そのため、安全性は高いものの、その安全性の高さを出すために、

 

気密性もかなり高い作りになっています。

 

気密性が高いということは、密閉されているということですから、

 

蒸れる

 

わけです。

 

この蒸れ、半端ない臭いになります。

 

スニーカーなどは隙間から通気され、こもりにくいようになっています。

 

しかし、安全靴は、足を守ることが最優先ですから、蒸れは二の次です。

 

この安全靴の洗い方をご紹介します。

 

安全靴の臭いはこうして取るのがよい

安全靴、洗えるの?

 

まずは、安全靴は洗えるのか?ということです。

 

安全靴の素材にも、本革・合皮・ゴムなどがあります。

 

 

このうち、本革と合皮は丸洗いはできない商品なので、しっかり汚れをふき取ります。

 

汚れ落ちが悪かったら、靴用クリーナーをつかってみてください。

 

本革や合皮だと、クリーナーを使えばしっかりきれいになります。

 

 

ゴム製であれば洗うことはできます。

 

ということは、本革・合皮の安全靴の場合は洗えないので、

 

洗う以外の臭いを取る方法を考えなければなりません。

 

 

靴のケア

しっかり乾燥させる

 

基本ではありますが、ジメジメ湿ったりしている靴は臭います

 

これらの靴を乾燥させることによって、臭いにくい環境を整えます。

 

 

新聞を丸めて靴の中に突っ込んでおけば湿気を吸収してくれます。

 

その他には、乾燥器などをつかってもよいでしょう。

 

しっかり干すということも重要です。日陰でしっかり干していきましょう。

 

それによって、太陽光での殺菌効果も得ることができます。

 

 

そして最後に、お茶パックに重曹をたっぷりといれて、それを靴のなかに放り込んでおきます。

 

重曹が臭いを吸着してくれます。

 

 

制汗剤を使う。

 

安全靴の中が蒸れ蒸れなので、その原因のひとつである足汗がでないようにデオドラント剤を使いましょう。

 

汗を出させないようにするには、制汗剤の使用が最も汗が出ません。

 

おすすめは、

 

ノアンデです

ノアンデは、除菌率100%ですので、完全に除菌をしてくれます。

 

このノアンデを足全体にすり込んで乾かしてから靴下をはき、洋服を着ていきましょう。

 

ノアンデは、強い殺菌作用と制汗作用のバランスも取れた非常によい商品です。

 

 

さらに、

 

〇永久返金保証あり

 

〇定期購入でも1回で終了してもOK

 

など特典満載です。

これらの特典は公式サイトからの注文だけ でうけられます。

 

ノアンデを使ってみた

 ⇒ノアンデをつかってみました

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ